簡単に本格的なプロダクトのPVを作る方法

twitterでも告知したんですが、アプリの紹介ビデオを作りました。

わりとプロっぽいでしょ?
制作所要日数は2日で、費用は約5000円弱。使ったのはiMovieとAfterEffects。
外国人のオジサンの動画やBGMの曲は素材サイトで購入しました。

参考記事・ビデオ

制作の際に参考にしたのは、以下のMotokiさんの記事:

あと、こちらのカレンダーアプリ「Fantastical 2」のPVもかなり参考にしました:

やっぱり人が出てくるだけでグッと雰囲気がよくなりますね。

使った素材

BGMは以下のピアノ曲。期待感を煽りつつ前に出過ぎないメロディーと、1分という尺が調度良かったので採用しました。

もじゃ男さんはこちらの素材。部屋の飾り付けの雰囲気が良くて、クリエイティブな感じがよく出ていたので採用しました。特に最後の拍手とガッツポーズがお気に入り。

ピッタリな素材を探すのには結構苦労しました。

PVの構成はシンプルに

ノートアプリはカレンダーアプリと同様に必要性や用途が割と自明なので、別に凝ったアニメーションとかでアプリの主旨を説明しなくてもいいかなと思ってやめました。なので機能性にフォーカスして画面の動きをメインに据えました。
QuickTimeの画面レコーディング機能を使って操作を録画して、AfterEffectsで編集しました。

動画制作楽しい

普段やらない作業だったので楽しかったですね。
ウチの古いiMacではAfterEffectsのレンダリングが辛くて、新しいやつが欲しくなりました。
そんな風に作ったPVのアプリ、ぜひ使ってみてください。

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中