Stripeが多通貨決済に対応!

昨日Stripeのダッシュボードいじっていて気づきました。
2016年10月4日、どうやらついにベータが取れて正式ローンチしたようです
これによって、今までJPYによる決済だけだったのが、130 通貨以上の決済に対応しているようです。素晴らしい!
海外向けのサービスをする事業者にとっては嬉しいニュースではないでしょうか。

Stripeの魅力まとめ

他の類似サービスとくらべて個人的に良いポイントを挙げておきます:

  • 各クレジットカード会社による厳しい審査がない
    • ただし、ローンチ時にStripeによる簡易の審査あり
    • 禁止業種に抵触していなければOK
  • 海外からの支払いに対応している
  • ドキュメントが充実している
    • ただしほとんど英語

外国人はJPYなんて分からない

僕はつい最近Inkdropというサービスをローンチしたのですが、この時まだ価格がJPY表記でした。
でも一部の少なくない外国人は、価格表記を無条件にUSDと思い込むようです。こんな問い合わせがありました:

いや、よく見ろよ!と言いたくなります。笑
しかし仮にJPYと分かったとしても彼らには馴染みがないので、すぐにピンと来ないでしょう。UX的にアカンわけです。僕らがAUDで価格を示されてもピンと来ないのと同じです。
だから、USDで価格表記できることは重要なのです。

安心して利用できる

ベータがとれたので何かあっても自己責任、というプレッシャーから開放されます。
とりあえず自分のサービスをUSD対応させるところから始めよう!

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中