iPhotoがアプリケーション切り替え時に「最後の読み込み」画面に強制遷移してしまう問題への対処法

iPhotoである問題に数年間苛まれていて、ずっと解決じまいでした。
それは、iPhotoを使っていて一旦Finderなど別のアプリに切り替えてからまたiPhotoへ切り替えた時、どの画面を表示していようと強制的に「最後の読み込み(英語だと”Last Import”)」画面に遷移してしまうというものです。

「最後の読み込み」画面とは、iPhoneやiPadから最後に取り込んだ写真の一覧を表示する画面です。

僕の場合、以下の手順で解消しました:

  1. iPhoto Library があるフォルダを開く(通常は ホーム > 写真)
  2. iPhoto Libraryを副クリック(Ctrlを押しながらクリック)して、ポップアップメニューを表示。メニューから「パッケージの内容を表示」を選択。
  3. “Auto Import”フォルダを探して開く
  4. そのフォルダの中身を全て削除する

フォルダの中身ですが、Finderだと隠しファイルが表示されません。
隠しファイルを削除するには、「ターミナル」を起動して以下のコマンドを打ち込みます。

$ cd "iPhoto Libraryへのパス"
$ ls -la "Auto Import/"
$ rm "Auto Import/.*"

これで無事直りました。よかったよかった!

参考

Locate your iPhoto Library ? in home > Pictures.
Bring up the contextual menu on iPhoto Library and select Show Package Contents.
Locate the “Auto Import” folder and open it.
Remove its contents ? which probably consist of empty folders or other stuff that can’t be imported.

via iPhoto automatically jumps to last import

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中