iOSのクラッシュログファイルをシンボリケートする

どこでクラッシュしたのか見通しを良くする

Appleから受け取ったクラッシュログは、クラッシュした状態のスタックトレースをバイナリ上のアドレスで示されています。
このままだと、内容を見てもソースコード上のどこが悪いのかさっぱり分かりません。
シンボリケートとは、主にバイナリ上のアドレスからソースコードの場所を突き止める事をいいます。

使用するコマンド

クラッシュログのシンボリケートにはsymbolicatecrashコマンドを使用すると便利です。
XCode 6では以下のパスに存在しています。

/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

/usr/bin あたりにシンボリックリンクを貼っておくと吉。

必要なファイル

クラッシュログを吐いたバイナリと同じビルドのもので、以下が必要です:

  • appファイル
  • dSYMファイル

XCodeのOrganizerを開き、アーカイブ一覧から該当のビルドを探します。
次に、該当ビルドの項目を右クリックしてShow in Finderします。
開かれたディレクトリに、上記二つのファイルが存在します。

シンボリケートの実行

以下のように実行します。

export DEVELOPER_DIR="/Applications/Xcode.app/Contents/Developer"

symbolicatecrash -v crashファイル dSYMファイル appファイル

トラブルシューティング

DEVELOPER_DIRを予め設定しておかないと、以下のようなエラーが出ます。

Error: "DEVELOPER_DIR" is not defined at /Applications/Xcode.app/[snip]Resources/symbolicatecrash line 53.

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中