口笛で会話する村・クシュコイ

Kusköy

haruka nakamuraさんが今日こんな事をツイートしていた。

それは一体全体どんな口笛だろう・・想像できない。

調べてみると、どうやらトルコのクシュコイ村(Kusköy)の人が使うらしい。
この村は山岳地帯に位置して、隣人同士の距離はみんな100メートル以上離れているとの事。
そんな環境で、離れていてもスムーズに会話できるようにと古来に発達したのが、口笛による会話技術らしい。
それはまるで、本当に、鳥のさえずりにしか聞こえない。
口笛で、トルコ語のアルファベット29文字を表現できるので、天気から株の話までなんでも出来るらしい。すごい!

百聞は一聴に如かず。

鳥はチュンチュン、犬はワンワン、猫はニャーニャー。
どれも人間には理解できないけど、きっと同様に沢山の意味が含まれているのだろう。
いつか、本当にホンヤクコンニャクが実現するような気がした。

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中