EclipseでProce55ingのOpenGLを使用する

EclipseでProce55ingするにはここを参照。

  1. プロジェクトを右クリックして[プロパティ]を選択
  2. [ビルドパス]の[ライブラリ]タブでjogl.jarの[Native library location]のところに、例えば C:processing-0125-expertlibrariesopengllibrary と入力する。
  3. さらに、JFrame 内でPAppletEmbedded として動作させるには、
    public static void main(String[] args) { 
        JFrame f = new JFrame("Embedded");  
        f.setLayout(new BorderLayout()); 
        PApplet embed = new <font color="blue">PAppletのクラス名</font><font>(); 
        f.add(embed, BorderLayout.CENTER); 
        f.setSize(DIM, DIM); 
        f.setVisible(true); 
        // important to call this whenever embedding a PApplet. 
        // It ensures that the animation thread is started and 
        // that other internal variables are properly set. 
        embed.init(); 
    }
    

でOK。

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

“EclipseでProce55ingのOpenGLを使用する” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中