「花模様」

夢心地
花模様を描きながらため息をつく
目に映るのは煙模様
遠い地にいる君を眺める
甘い影を落とす夕日
白い白い煙模様
笑い声と共に落ちていく
ぐるぐる螺旋を描くように

煙模様は花模様に
綿埃が舞う夜空
君の笑顔はどこ
つまり夕日が暮れたから
甘い影を落とす夕日が消えたから
消えてしまった消えてしまった
はかない街

夢心地
常に夢心地
目に映るのは煙模様
遠い地にいる君を眺める
笑い声が聴きたくて耳を澄ます
聴こえるのは花模様
叫んでも消えない花模様
僕はここにいたんだ
確かにここに。

投稿者:

Takuya

Digital crafts(man|dog). Love photography. Always making otherwise sleeping. born in 1984.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中