おサイフケータイをキャリア契約無しのAndroidスマホで利用する方法

どうも、食あたりで悶絶中のnoradaikoです。
気を紛らすためにブログを書きます。

おサイフケータイを使ってみたい

僕はiPhone 3GSの時代からずっとiPhoneなんですよね。
おサイフケータイやスマート決済というものが日本では普及していてとても便利なのに、全くその恩恵に与れないのは勿体ないと感じたのがきっかけです。
しかし、それだけのためにキャリアを2台分も契約するのはちょっとコストパフォーマンスが悪すぎる。

そこで、キャリア契約無しのAndroidスマホおサイフケータイを使おうと検討したところ、いろいろ注意点が分かったのでここにまとめたいと思います!

おサイフケータイ対応のスマホを選ぼう

HTC J One

Androidスマホは実に沢山の種類が出ていますが、中にはおサイフケータイに非対応のものがあるので注意が必要です。
例えば、GoogleのNexusは非対応です。

僕は、HTC J Oneを購入しました!2013年の夏モデルです。
ちなみに海外向けのHTC Oneは非対応です。あぶねえ!
キャリアはauで、SIM無しです。

モバイルSuicaはSIM無しでは使えない

ここで衝撃的な事実です。
モバイルSuicaは、専用アプリの起動時にSIMカードが入っているかどうかを確認する処理があります。
もし購入したスマホがSIM無しだった場合、アプリが起動後に即終了します。
つまり、利用にはSIMが必要なんですね。
ちなみに、nanacoや楽天Edy、WAONは正しく設定できました。

解約済SIMカードを購入しよう

au SIM Card

上述の通り、モバイルSuicaを使うために正規のSIMカードが必要です。
実際に差してみるまで確証がなかったのですが、SIMは解約済みのもので大丈夫みたいです。

SIMカードには2つの軸で種類があるので注意です。それは、サイズバージョンです。
購入したAndroidスマホの仕様欄をよく見て、どれが対応しているのか必ず確認しましょう。
HTC J Oneの場合は、下記のタイプでした。

au Micro ICカード(LTE)

詳しくは au ICカード(Wiki)を参照してください。
ちなみに僕はYahoo!オークションで購入しました。

電波が無くても大丈夫

無事モバイルSuicaを設定できたものの、一点気になる事があります。
それは、キャリア契約をしていないので当然通常はネットワーク切断の状態である事です。
ドキドキしながら改札にタッチしてみたところ、通れました!!

これは、NFCチップ間の通信で読み書きが完結しているためだと思います。
Android OSはもはや関係ないという事ですね。

チャージにはネット接続が必要

アプリはチャージする際にインターネット通信をしている様子。
なので、もし外でチャージが必要になったらその場でインターネット接続が必要になります。

iPhoneのテザリングでネット接続しよう

AndroidとiPhoneとのテザリング方法にはいくつかありますが、Bluetoothテザリングは出来ません。ペアリングが何度やっても失敗します。
ここではWi-Fiを使ったテザリングをしましょう。以下のページが参考になります。

iPhoneでインターネット共有設定が完了したら、Android側でWi-Fi接続の設定画面を開き、iPhone端末を選択しましょう。
あっさり繋がったと思います。

iPhoneはいつおサイフケータイに対応するのか

AppleはiBeacon推しのようですから、NFC搭載は微妙なところですね。
仮にNFCが搭載されたとしても、日本独自のおサイフケータイ規格には対応しない気がします。


HTML5で動くUnrealEngineが凄すぎる件

unrealengine

unrealengine

百聞は一見に如かず。美しさ半端ない!!

http://www.unrealengine.com/html5/

iMac + Chromeでは全く問題無く、サクサク動きました。
読み込みに2、3分かかるのが少し長いかなと思ったくらい。
WebGLで有名どころのレンダリングエンジンがここまでの完成度で動くとなると、FirefoxOSのようなWWWベースのOSでも高品質の3Dゲームが楽しめる日も近いって事ですね!!
そのためには、スマホやタブレットでどこまでのパフォーマンスを出せるかですねー。

ちなみに、iOSではまだ動かないようでした。


MicrosoftがWindows 9を来年4月にリリースするとの噂

情報元: Microsoft reportedly planning Windows 9 release in April 2015

windowsbluestock_large_verge_medium_landscape

WindowsウォッチャーのPaul Thurrottによると、Windows 9を2015年の4月あたりにリリースする予定である事を報じました。
コードネームは「Threshold」だそうです!
Metroというデザイン言語も「Metro 2.0」を目指して改良されるのだとか。

どんなWindowsになるのか楽しみですね!