有料プロダクトを作って変わった事

Inkdropを正式リリースしてから二ヶ月経ちました。
もうすぐ初期ユーザの試用期間が終わります。初めての売上が立つ瞬間、ドキドキです。
よく使ってくださっているユーザさんには、先行してプロダクトの展望についてメールしました。
ここでは、自分自身がプロダクトづくりを経て成長できた事を書きたいと思います。

自分を強く信じられるようになった

続きを読む 有料プロダクトを作って変わった事

ノートアプリの適切なビジネスモデルを探る

Inkdropを正式リリースしてからちょうど1ヶ月が経った。
成果としては、正直言ってイマイチだ。プライベートβがHacker Newsでバズっただけに、想像してたのとは違う状況なのが実際のところ。マネタイズはやっぱり簡単では無い。しかしながらとても沢山の意見をもらえた。これは大きな収穫だと思う。
振り返ってみて、これからの戦略を検討する。

過去の関連記事はこちら:

続きを読む ノートアプリの適切なビジネスモデルを探る

自分の中の「真ん中」を見つける。

ここ数年は絵や写真を全くやっていなかったので、自分の中の感情的な面をほとんど使っていなかった。アプリ作りに没頭していたからだ。
でもプログラミングばかりの生活は視野狭窄を招くし、やりたいことを我慢するのは精神衛生上よくない。
ふと、このまま俺はプログラミングばかりして死ぬのかと思うと何だかやるせなくなる自分がいることに気付いた。
だから、出来るだけ我慢しないことにした。

続きを読む 自分の中の「真ん中」を見つける。

事故に遭う夢が仮想現実世界だった

夢を見た。
事故に遭う夢。

気付いたらトラックの積荷の下敷きになっていた。自分のことより他のやつは大丈夫かなと心配してた。
なぜかそこから場面は変わって、旅館みたいなところで働いていた。警備員が30人ぐらいいた。多すぎだろ。
体がすごくだるいなぁと思いながら働く。というかちょっと痛い。
そして「本体」の容態が心配になる。今の意識はどうやら事故に遭った体とは別のものにいるらしい。

夜になって本体の様子が気になって、ついに親に打ち明けにいく。
もうすぐ還暦だというのにオトンはなぜかファミマで働いていて、携帯で呼び出して報告した。
新聞に自分のことらしき事故の記事が出ているのを発見する。
どうやら生きてるけど重症かも。

手が動かなくなる後遺症が残るかもしれない。でも幸せに生きていけるだろうか?
不安を抱えて答えは出ないまま、夢から覚めた。

人物画が上手くなりたい

自分はもともとゲームが作りたくて小学生の頃から絵を描いていて、中学からプログラミングや作曲を始めた。
でも上手く仲間が集まらなかったりして仕方なくゲーム制作を諦めたんだけど、せっかく練習した絵やプログラミングの技術を個別に切り出しているのが今の活動形態だ。

絵の過去作品はこちらから見れます: http://illust.odoruinu.net/

ここ数年はプログラミングばっかでほとんど絵がかけていなくてムズムズしている。

続きを読む 人物画が上手くなりたい