写真のRAW現像がめっちゃ楽しい

こんなに楽しいと思わなかったので、今までカメラをRAWデータ保存設定にしていなかった。
でもこれからは常に保存設定にする!

RAW撮影 + 現像 = 写真作品

RAWデータというのはカメラがとらえた光の情報をそのまま未加工で保存したデータのこと。
普通はJPEG形式で保存されるけど、このJPEGデータというのはカメラが自動的に色調補正処理などを施した後の画像データなので、光の情報は含まれない。
だから、JPEG形式の場合データサイズが小さくて扱いやすい代わりに、情報が削がれているので補正出来る幅が小さい。

とは言うけども、ぶっちゃけそんなのあんま変わらんでしょ?と思ってたけど、大違いだった!
まじで、Exposure(露出)の値をいじるだけでも、全然変化が違う!RAWデータは本当に光の量を変化させている感じ。それに対してJPEG形式では単に画素をいじっているだけという感じ。ん〜言葉では伝えにくい・・。

ちゃんとした説明はAdobeのページが分かりやすい:

ちなみに自分はライカを買った時にバンドルされていたAdobeのLightroomを使っている。

つまみを適当にいじっているだけで楽しい。

またカメラが楽しくなった

RAW現像の楽しみを覚えたので、また撮るのが楽しくなった。
これからも積極的にライカさんを持ち歩いて撮って行きたい!!

Flower

Flower

Flower

500pxというサイトで写真を掲載しているのでよかったら見てね:

作ってます↓

Inkdrop - The Notebook App for Markdown Lover

気に入ったらシェアしてね


コメントを残す