音楽発掘アプリwalknoteクローズのお知らせ

本アプリは2011年10月に公開して以来、継続的に開発を続けて多くのユーザさんに使っていただきましたが、今年いっぱいで終了することにしました。
愛用してくれていた方、更新を待ち望んでくれていたユーザさん、ごめんなさい。そして今までありがとう。
終了の理由は概ね次のとおりです。

  • マネタイズ出来ない
  • サーバ代がかさむ
  • 次のプロダクトに集中したい

マネタイズはいろいろ試行錯誤したんですが、自分が食えるだけの分を稼ぐのは無理でした。
とはいえ、これを失敗とは全く思っていません。むしろ自分にとっては大きな前進でした。
それは主に以下の4つが挙げられます。

  • 会社をやめて独立するきっかけになった
  • フリーランスとして大きな実績になって、面白い仕事が来た
  • UKのスタートアップから買収の話が来た(無くなったけど)
  • 技術・デザイン・ビジネスについて沢山学べた

このように自分にとってwalknoteは多くの恩恵をもたらしてくれたアプリです。
TAKUYAの次回作にご期待ください!!
ちなみに今はノートアプリInkdropを作っています。

せっかくなので本稿ではアプリの実績を簡単にまとめたいと思います。
振り返りなのでちと内容が古いですが、アプリ制作の参考になれば幸いです。

ブロガーさんの口コミで広がる

walknoteの利用にはユーザ登録が必要です。
この登録ユーザ数は累計で13万人でした。
DL数はまじめに数えてないんですが、登録率が約50%なのでだいたい26万DLぐらいです。
このユーザさん達はほとんどブロガーさんが連れてきてくれました。

最初に取り上げてもらったのはAppBank
この紹介で約5000人のユーザ登録がありました。

次に影響がすごかったのがリニューアル式さんのエントリ。
ここから男子ハックさんなどに波及してアクセスがすごいことに。
これでだいたいユーザ数が2万人弱になります。
この頃から定常的にユーザが増えだしました。

AppStoreでは音楽カテゴリで念願のトップ3入りを果たしました。

IMG_0642

その後、ITMediaさんにも取り上げてもらうと、その記事がヤフートピックスに載り、なんだかんだで10万人達成。

Photo-2014-07-03-10-17-43

ブロガーさんに取り上げてもらうには、とにかく根気よくプレスリリースを送ることです。
ネタにしてもらいやすいように要点をまとめて一つ一つ丁寧に送りました。

あとAppStore Search Optimizationもかなり効果的でした。
今はもう審査で弾かれますが、アプリ名に関連キーワードを入れまくって長いタイトルにするテクニックはかなり効果が高かったです。笑

紙媒体では週刊アスキーさんに掲載いただいたのですが、ほとんどDL数の伸びはありませんでした。
紙からネットへの敷居はやはり高いようです。

ユーザの伸び率をグラフで以下に図示します。

monthly-new-users
図: 新規ユーザの推移

2014年7月がピークで約3万7千人の新規ユーザがありました。
これはFlurry上での新規ユーザ数であり登録ユーザ数ではないのでご注意ください。

流しっぱなしスタイル

このアプリのウリは曲の推薦精度です。
なので主な利用法はラジオのように推薦曲を流し聴きするスタイルと、気に入った曲を連続して聴くというスタイルです。
つまりまずは推薦ミックスでいい曲に出会ってお気に入りに追加、次にお気に入りミックスをヘビロテが理想の使い方ですね。今思えばFunnel分析もっとまじめにやればよかったなー。笑

playback-avg-per-session-daily
図: 一日ごとのセッションあたりの平均再生曲数

セッションあたり6〜9曲ぐらい聴いているのでまあまあですね。セッションとは、アプリ起動から終了までの期間のことです。

favorite-avg-per-session-daily
図: 一日ごとのセッションあたりの平均お気に入り曲数

2セッションに1曲は出会ってるって感じでしょうか。徐々に下がってるのが気になりますが、理由はよく分かりません。

session-length
図: セッションあたりの平均利用時間の分布

なんと30%以上の人が30分以上も使ってくれています。これはやはり音楽アプリの特性ですね。

session-length-detailed
表: アプリの利用時間の詳細

Total Time Spent in Appは、全ユーザによるアプリの使用時間の総計です。
ピークは7年3ヶ月とかなってますね。もはやよく分からんですね。
一日中使ってくれているユーザさんも確かにいらっしゃるみたいでした。

継続して使うユーザは、初回利用時にお気に入りに出会うかどうかが分かれ目のようでした。

若い女の子が多かった

ユーザ登録時にユーザ属性を入力してもらっています。この情報はデモグラ分析に役立ちます。
アプリのデザインは見ての通り紫を基調としたかっこいい系なので、かわいくは無いと思うんですけどなぜか女の子が多かったです。

gender
図: ユーザの男女比

age-distribution
図: ユーザの年齢層

ほとんどが20代前半以下でした。

「いきものがかり」は嫌われないアーティスト

walknoteはユーザの嗜好理解のために、iPhoneに入っている曲の一覧情報を利用します。
この情報はサーバに蓄積されるのですが、それをユーザグローバルに分析するとまた面白いことが分かります。

2013年8月時点でのデータですが、トップ10のアーティストを発表します!笑

3932  "Mr.Children"
3631  "いきものがかり"
3446  "EXILE"
3275  "GReeeeN"
3108  "BUMP OF CHICKEN"
3054  "宇多田ヒカル"
2912  "安室奈美恵"
2822  "RADWIMPS"
2744  "Superfly"
2740  "AKB48"

左の数字は保有人数です。年齢層と流行りを反映した内容ですね。
正直いきものがかりがこんなに高い位置にいるのが不思議ですが、某ラジオ局のえらい人の話によればこのバンドは「嫌われない」アーティストとのことでした。確かにアクが無い。
ちなみにトップ10の曲は・・・

2380  "じょいふる", "いきものがかり"
2339  "キセキ", "GReeeeN"
2279  "YELL", "いきものがかり"
2244  "ブルーバード", "いきものがかり"
2223  "気まぐれロマンティック", "いきものがかり"
2153  "HANABI", "Mr.Children"
2140  "帰りたくなったよ", "いきものがかり"
2094  "なくもんか", "いきものがかり"
2064  "ありがとう", "いきものがかり"
2016  "GIFT", "Mr.Children"

いきものがかりだらけか!!笑

このデータを特定のアーティストに着目して分析すると、ファン層が浮き出てきたりしてかなり面白かったです。

まとめ

欲しい!という単純な思いからスタートしたこのサービスは、思いの外共感を得て沢山の人に使ってもらうことが出来ました。
このアプリがきっかけで面白い出会いがあり、視野も広がりました。
全ては協力してくれた友人とユーザさんのお陰です。ありがとう。

今後もおもしろいアプリ作っていくのでよろしくです!

作ってます↓

Inkdrop - The Notebook App for Markdown Lover

気に入ったらシェアしてね


「音楽発掘アプリwalknoteクローズのお知らせ」への2件のフィードバック

  1. 今年いっぱいで終了とはなんと惜しいことなんでしょう…

    つい最近このアプリを見つけましたが最高です!最高すぎます!このようなアプリは私にとって必要です!いや不可欠です!!

    無くなるのはさみしいですが使いに使いまくって、製作者さんが新しいのを作ってくれることに期待しています!

    これからもお願いします!!!

  2. コメントありがとうございます!
    お褒めのお言葉、染み入ります。少しでもお役に立てたことを心から嬉しく思っています。
    同類アプリを出すかどうかは残念ながらお約束できないのですが、自分の欲しいアプリをこれからも作り続けて行きます!こちらこそ、よろしくお願いします^^

コメントを残す