Leica X Typ113を一年使ってみた感想

ライカを買って一年が経った

Leica X Typ113。ビックカメラ楽天市場店に在庫があったので通販で購入。
もちろん、事前に直営店に行って見て触ってからの判断でした。
お値段は定価の274,960円(税込み)。ああ、一生モンです。
ちなみにこれは一眼レフではなくコンデジです。一眼独特のカシャ!という音は鳴りません。
単焦点レンズが搭載されていて付け替えは出来ません。まるで全てが高い統合性のもとにアセンブルされたApple製品のようなイメージです。

一年使ってみた感想や今後買う人の参考になりそうな事をまとめたいと思います。

性能は正直いまいち。でも楽しさは至極。

以前は大学時代に買ったCanonの中古の安い一眼レフを使っていました。
それでもなお、オートフォーカスの性能はTyp113よりもその古いカメラの方が高い印象。
ライカはもともとレンジファインダーカメラで有名な会社で、デジタルカメラとしてはかなり遅れています。あまり良い言い方ではないけど、ブランド力に支えられている会社。
Canonは市場で初めてデジタル一眼レフカメラを発売した会社ということもあり、性能を重視するなら個人的にはそちらをお薦めしたい。
もちろん、肝心の写りに関してはTyp113も文句無いです!

でも不思議なことに、このカメラは持ち歩くだけで楽しい!
デザインに惚れて買ったところがあるので、そこは大満足。
旅行に行くと、カメラが好きな人に「ライカですか?いいですね」ってよく話しかけられます。
そういうコミュニケーションのきっかけになってくれるのも、醍醐味の一つです。

お茶屋さんの暖簾

意外と傷に弱く壊れやすいかも

買った次の日、早速引っさげて街に出かけました。
ところが、鞄の上から提げていたためか擦れて液晶の画面に傷が付いてしまいました。
どうやらスマホのような堅牢さは無いようです。。
フィルムが売っているのでそれを買いましょう。

今年の冬にフランスに行ったんですが、その時に気づいたらしぼりのつまみが取れてしまっていました。ショック。
修理費は確か6000円ぐらいかかりました。。
首からの提げ方が悪いのでしょうか。

友人宅の飼い猫

楽しいから続けられる

一眼レフって大きいし重いから、ちょっと出かけるだけという時に持って行く気があまり起こりません。
でも、Typ113はオシャレだから持って行く気になれる。持ち歩いてると撮りたくなる。だから続けられる!
趣味のなんちゃってフォトグラファーの僕にはこれが合ってるみたいです。
いろいろ構図とか勉強したいなぁ。

金魚すくいに興じる子どもたち

以上、購入を考えている方の参考になれば幸いです。

Instagramにライカで撮った写真を上げているので、よかったらご覧ください。笑

作ってます↓

Inkdrop - The Notebook App for Markdown Lover

気に入ったらシェアしてね


コメントを残す