El CapitanのSSL問題、Keychainもフリーズする場合の対処法

Mac OSXをEl CapitanにしたらChromeでTwitterなどが開けない

App Storeも開けないし、なんかCPUが過剰に動いているし、困りました。

VeriSignのSSL証明書が原因

似たような症状の人は多く、以下の記事に概ねの解決方法が示されています。

ようは、VeriSignが悪いんですね。

Keychain Accessが固まる

上記の解決法に倣って操作しようとすると、Keychain Accessがフリーズします。
フリーズする条件は、ログインキーチェーンの以下の項目を選択した時です:

  • VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G3
  • VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5

これらの証明書が悪さをしているのは、もう明らかですね。

ターミナルから証明書の削除を試みる

Keychain Accessで削除できないんじゃ、お手上げだ!!という方、あきらめないでください。

間違っても、Mac – El capitanにアップデートしてCPU使用率がやばくなった時の対応法 – Qiita で示されているようにキーチェーンをリセットするなんて方法はとらないでください。

CLIから削除を試みます。
まずはログインキーチェーンから、VeriSignの証明書を探します:

$ security find-certificate -c Veris
keychain: "/Users/***/Library/Keychains/login.keychain"
class: 0x80001000
attributes:
    "alis"<blob>="VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G3"
    "cenc"<uint32>=0x00000003
    "ctyp"<uint32>=0x00000001
    "hpky"<blob>=0xF0115C20ABF0D0FE3D0842EF9571E372C11C1256  "\360\021\134 \253\360\320\376=\010B\357\225q\343r\301\034\022V"
    "issu"<blob>=0x305F310B300906035504061302555331173015060355040A130E564552495349474E2C20494E432E31373035060355040B132E434C4153532033205055424C4943205052494D4152592043455254494649434154494F4E20415554484F52495459  "0_1\0130\011\006\003U\004\006\023\002US1\0270\025\006\003U\004\012\023\016VERISIGN, INC.1705\006\003U\004\013\023.CLASS 3 PUBLIC PRIMARY CERTIFICATION AUTHORITY"
    "labl"<blob>="VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G3"
    "skid"<blob>=<NULL>
    "snbr"<blob>=0x4AC9EA088EE6F78CC7A5F9FA39A49396  "J\311\352\010\216\346\367\214\307\245\371\3729\244\223\226"
    "subj"<blob>=0x3081CA310B300906035504061302555331173015060355040A130E564552495349474E2C20494E432E311F301D060355040B1316564552495349474E205452555354204E4554574F524B313A3038060355040B1331284329203139393920564552495349474E2C20494E432E202D20464F5220415554484F52495A454420555345204F4E4C59314530430603550403133C564552495349474E20434C4153532033205055424C4943205052494D4152592043455254494649434154494F4E20415554484F52495459202D204733  "0\201\3121\0130\011\006\003U\004\006\023\002US1\0270\025\006\003U\004\012\023\016VERISIGN, INC.1\0370\035\006\003U\004\013\023\026VERISIGN TRUST NETWORK1:08\006\003U\004\013\0231(C) 1999 VERISIGN, INC. - FOR AUTHORIZED USE ONLY1E0C\006\003U\004\003\023<VERISIGN CLASS 3 PUBLIC PRIMARY CERTIFICATION AUTHORITY - G3"

悪い子たちが出てきました。以下のコマンドで、駆逐しましょう。

$ security delete-certificate -c "VeriSign Class 3" <ログインキーチェーンのファイル名>

実行後、何もアウトプットされないので不安になりますね。もう一度実行してみると以下のように表示されます。

$ security delete-certificate -c "VeriSign Class 3" /Users/nora/Library/Keychains/login.keychain
Unable to delete certificate matching "VeriSign Class 3"%

Keychain Accessを開いて、悪さをしていた証明書が削除されていることを確認しましょう。
これで、TwitterなどのVeriSign系SSLサイトが再び開けるようになりました。

インターネットライフを楽しみましょう。

参考

作ってます↓

Inkdrop - The Notebook App for Markdown Lover

気に入ったらシェアしてね


「El CapitanのSSL問題、Keychainもフリーズする場合の対処法」への5件のフィードバック

  1. walknote で以下の操作をするとエラーになりました。

    walknote 起動画面で
    [facebookで認証] や [twitterで認証] をせずに、
    [ユーザ登録] をタップし、
    [PukaPuka ID] の欄に、適当な文字列を入れ、
    [パスワード] と [パスワードの確認] の欄に、パスワードを入れ、
    [新規登録] をタップすると、
    ダイアログが出ます。

    [はい、同意します]
    をタップすると、

    [登録中] がしばらく表示された後に、

    [エラー
    PKPK_AUTH_RET_1412]

    が出て、先に行けません。

    何か勘違いをしてますでしょうか。

  2. ご報告ありがとうございます。
    iOS 9で挙動が変わっていたのが原因のようでした。
    サーバ側で修正しましたので、お手数ですがもう一度試してみてください!

  3. 新規登録できました!

    使ったところ別種の問題が出てきたのですが、
    私固有の状況に関することも含むので、メールします。
    ありがとうございました。

コメントを残す