ohana

ohana

「自分の為に生きるってのを忘れがちなその意味を、花の色の残酷さが教えてくれる。」

とか無理やり意味づけしてみたけど、なんとなく水彩で描いてみたかっただけ笑
個人的には絵の中に抑揚とか双極性を持たせたいんだけど、中々上手くいかない。
頭の中には一つイメージがあるんやけど、やっぱ一旦下書きしないと無理っぽい。
これはこれでいい感じだと思うけどね。

今日は院の入学式でした。
とりあえず院ではネットワークの研究もしたいけど、人のネットワークも広げたいと考えておりまして。
それはもう教授は勿論の事、他の学科や研究室も、ガンガン攻めるつもりでございます。
さてさてとりあえずは学科の友達からと思い、入学式の休憩時間にたまたま隣に座った子に話しかけてみたのです。
鳥肌実の演説が頭の中で邪魔をしてどうも、変な、語調になるのです。

で、まぁちょっとだけ喋ってすぐに始まって、ちゃんと話しそびれたんやけど。
式が終わって、仮配属の話とか、ここで何するんとか話してて、別に決めてなくて研究室見てから決めるとか言ってて、相手はよっぽど人見知り屋なのか俺の目を見ようとしてくれません。会話はたどたどしいし。
で、その子には友人がいたのか、「あっ」とか言ってどっか行ってしまいました。
OMG!!
俺のファーストフレンドを逃してしまった。
いや、ここ出身の教授が危惧していた、既に友達がいる人はずっと群れるから仲間はずれにされやすいって言うのが早くもここで露呈された。
っていうか俺だいぶ頑張ったと思うねんけど笑
そんな努力も虚しく・・
てか学科一緒やねんから仲良くしとこうとかは思わんのかなぁ。

来週はがんばるぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です